LINE限定の
20%OFFクーポンGET!

お友達登録特典として
全脱毛20%OFFクーポンをプレゼント!

お友達登録する

1分でお申込完了!

簡単にご予約するなら

無料カウンセリング予約
  1. TOP
  2. コラム
  3. 徹底解説!ワキ毛のきれいな剃り方

徹底解説!ワキ毛のきれいな剃り方

2023/12/11

目次

身だしなみの一つとして、脇毛を処理する男性が最近増加しています。
ワキがツルツルだと、蒸れがなくなって気になるニオイも抑えられるというメリットもあるので剃った方がいいという意見も多いです。

ただ、ヒゲは毎日剃っていてもわき毛は剃ったことがなくて、やり方がよくわからない…という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、人に見られても困らないようなきれいな剃り方をご紹介します。

ワキ毛を剃る前の準備

清潔なカミソリ(シェーバー)を用意する

ワキ毛の処理に使うカミソリは、新しいものを用意しましょう。

使い古しのものは、カミソリの刃が錆びていたり汚れが残っていたりする可能性があります。
買い替えるのがもったいないからと不衛生なカミソリで処理をすると、肌荒れを起こして炎症の薬を買ったり皮膚科に行ったりと、結局、時間とお金をムダにしてしまう場合もあります。

特に、お風呂場に放置しているカミソリは雑菌が繁殖している可能性があるので、使わないようにしましょう。

シェービング材を用意する

シェービングフォームを使用すると、刃の滑りがよくなって肌への負担が少なくなります。
ボディーソープで代用する人もいますが、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるのでなるべくシェービングフォームを使うようにしましょう。

スキンケア用品を用意する

顔と同じように、体の皮膚も乾燥します。特に、毛の処理を行った後は肌が乾燥しやすいので刺激の少ない化粧水とボディミルク(または乳液)を用意しておきましょう。

保湿をすることが重要なので、高価なものである必要はありません。
カミソリとシェービングフォームを買う時に、ドラッグストアで一緒に買っておきましょう。

肌を温める

毛の処理をする前には必ず肌を温めておきましょう。
肌を温めることで、肌と毛が柔らかくなってカミソリが滑りやすくなり、肌への負担が少なくなります。

清潔な状態で剃ることも大切なので、体を洗って湯船に浸かってから処理を始めるのがおすすめです。
お風呂に入る時間がない時は、清潔な濡らしたタオルをラップに包んで、電子レンジで温めたホットタオルを使うのも良いでしょう。
加熱後すぐに使うとやけどの原因になるので、少し冷ましてから肌に当てるようにしましょう。

正しい剃り方のポイント

色々な方向から剃る

ワキ毛を剃るときは、毛流れに沿って優しく刃を滑らせましょう。
シェービングフォームの泡を掬い取るようなイメージです。

ワキ毛はさまざまな方向から生えているので、上からだけなど一方向だけでなく、上下左右などワキ毛の生えている向きに合わせて刃を当てることを意識するのがおすすめです。

刃先を肌に優しく当てる

カミソリの刃は想像以上に鋭く、肌はとても柔らかいので、剃るときに力を入れる必要はありません。
ツルツルにしたいから、と気合いが入りすぎて力を入れてしまうと、肌を傷つけてしまいます。

最悪の場合、血が出てしまうこともあるので慎重に、優しく刃を滑らせるようにしましょう。
手元が狂ってケガをするのを防ぐため、刃をゆっくり動かすことが重要です。

肌を引っ張って平らな状態で刃を当てる

肌がシワになった状態だと、刃を滑らせにくく毛をとらえにくいです。
なので、ワキの手前の肌を引っ張るなどして表面にシワをなるべく作らないようにして刃を当てると、剃り残しが出にくくなります。
さきほども書いた通り肌は柔らかく傷つきやすいので、力を入れないように優しく剃ることを心がけましょう。

適切な剃り道具の選び方

肌にやさしい刃があるものを選ぶ

1枚刃のカミソリは、刃が複数枚のカミソリと比較して力が分散されにくく肌を傷つけやすいため、なるべく2~3枚刃のものを選びましょう。
特に体毛の濃い方はしっかりと深剃りが出来る4~5枚刃がおすすめですが、剃った毛が伸びた際に埋没毛になる可能性があるので注意しましょう。

シェーバーとカミソリの使い分け

カミソリと比べると価格は少し高いですが、電気シェーバーの方が肌あたりが優しく、剃り残しが出にくいのでおすすめです。

アフターケアは必須

剃り終わった後に保湿する

毛の処理を行った後の肌は、皮膚のバリア機能が低下して、とても乾燥しやすい状態です。
乾燥するとカミソリ負けなどの肌トラブルが起こりやすくなり、かゆみや炎症を引き起こす場合があります。

たっぷりと化粧水で潤いをあたえて、その後ボディミルクや乳液で潤いを閉じ込めるようにしましょう。
毛の処理後の肌のチクチク感を軽減するために、保湿を必ず行うことが重要です。

コラムのまとめ

– 準備をしっかりと行う
– 正しい剃り方と適切な剃り具を選ぶ
– アフターケアを丁寧に行う

毛の処理は、あまり頻繁に行うと肌への負担が大きいので2週間~1か月ごとを目安に行うと良いでしょう。
ただし、どんなにきれいにワキ毛を剃っても時間が経つとまた生えてくるので、定期的に自分でワキ毛を処理している方には、医療脱毛がおすすめです。

脱毛専門の看護師による丁寧な施術で、自己処理よりもツルツルの脇を目指すことができます。
レーザースキンクリニックはホームページに記載の金額がすべてで、キャンセル料、カウンセリング費用、薬代、打ち漏れ費用などの諸費用はすべてかかりません。
来院後の無理な勧誘や営業もありません。

ワキ毛が気になる方は、フリーセレクト脱毛の詳細をご覧ください。
※脇(ワキ)はSパーツ1部位です